2022年も引き続きトレンドになっているウルフカット。モードな印象があるウルフカットですが、「振袖と相性がいいのかな?」と悩んでいる方も多いのでは。髪の毛はいきなり伸びないので、成人式がもう少し先だったとしても、どうすればいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回は振袖とウルフカットの相性や、振袖に似合うウルフカットの長さや種類、成人式におすすめのウルフカットアレンジを紹介しちゃいます♡

振袖にウルフカットを合わせる印象は?

ヘアカット

モードな印象や大人可愛い印象があるウルフカット。毛先を軽くしてトップにふんわりとボリュームを持たせたヘアスタイルで、女性らしさが出ると今人気のヘアスタイルの一つです♪

ただ、振袖にウルフカットを合わせる場合、髪の毛が長いとぼんやりとした印象になってしまいます。ミディアムヘアくらいからはアップスタイルにするのが振袖ヘアの定番なので、長さによってはウルフカットをそのまま活かさないほうが、振袖スタイルがきれいに見えるでしょう。

短めのウルフカットなら、ショートヘアでもふんわりとした女の子っぽさが出ます。カットの仕方でマニッシュにもガーリーにもセクシーにもなれるヘアスタイルなので、振袖のイメージと合わせてカットすれば、理想通りの印象が作りやすいです☆

振袖に似合うウルフカットの長さ・種類

今ウルフカットの方のなかには、「このままで振袖に合わせられる?」と気になっている方も多いのではないでしょうか☆振袖に似合うウルフカットの長さや種類を紹介しますので、成人式に向けたヘアスタイルに悩んでいる方は参考にしてくださいね♡

ショート

ウルフカットのシルエットをそのまま活かしたいなら、ショートのウルフカットが振袖には似合います。振袖は首の後ろに、こぶし1つ分くらいの空間を作って首元を美しく見せるのが特徴です♪ウルフカットは襟足が長めなのが特徴ですが、ショートのウルフカットならうなじがしっかり見えるので、ウルフカットのシルエットを残したまま、振袖を着こなせちゃいます♡襟足をちょっと跳ねさせたヘアアレンジにすると、可愛らしさもアピールできますよっ☆

ベリーショート

ボーイッシュな印象になりがちのベリーショートのウルフですが、こちらもうなじがきれいに見えるので振袖とは相性抜群☆クールな印象に仕上げることもできますし、トップの毛先を散らして元気なイメージに仕上げることもできます♡ヘアアレンジのバリエーションがどうしても少なくなってしまうベリーショートですが、ウルフなら襟足がアクセントになるので地味な印象にもなりません♪襟足に半分被せるようにヘア飾りをつけてもおしゃれです☆

ミディアム

ミディアムのウルフカットは、ハーフアップにすれば振袖とも相性がいいです。うなじ部分は隠れてしまいますが、トップをざっくりまとめれば全体的な印象はスッキリしますし、ウルフカットの襟足を活かした振袖ヘアが作れます♪ミディアムくらいの長さがあればフルアップも作れますが、ウルフカットを活かしたい人にはおすすめです☆

振袖に似合うウルフカットのヘアアレンジとは

ヘアセット

ボブよりも長いウルフカットの場合、ヘアアレンジを加えたほうがスッキリとして素敵な振袖ヘアが完成します。おすすめのアレンジを紹介するので、ボブより長いウルフカットの方は要チェックです♡

ショートヘア風アレンジ

短めのウルフカットなら、襟足が短い部分をくるっと内側に入れて、ショートヘア風のアレンジにするのがおすすめ☆襟足をそのままにしてしまうと抜いた衿がきれいに見えないので、ショート風にしてスッキリさせちゃいましょう♪髪を切らなくてもいつものヘアスタイルとは全く違うスタイルを楽しめるのもポイントです☆小さめのヘア飾りを耳の後ろにつけると、上品な印象にまとまりますよ♡

ハーフアップのキャンディーヘア

ミディアム程度のウルフカットなら、トップの毛を持ち上げたハーフアップにしましょう。ハーフアップで作ったテール部分をゴムで何箇所か結び、ゴムとゴムの間の毛を引き出すようにすれば、かわいいキャンディーヘアの完成ですっ♡女の子らしい振袖コーデとぴったりあいますよ♪

ルーズなシニヨンスタイル

襟足の髪の毛が軽いウルフカットは、全体的にボリュームを持たせたフルアップは難しい場合があります。でもルーズなシニヨンスタイルなら、毛先に毛量がなくてもアップスタイルが作れるのでおすすめ♪髪の毛をざっくり編むようにしてまとめれば、髪の毛のボリュームも出ます♡

振袖にウルフカットはOK!ウルフ感を活かしたいなら短めヘアがおすすめ

ウルフカットの特徴的なトップと襟足の長さの違いを活かして振袖に合わせたいなら、ショートやベリーショートといったヘアスタイルがおすすめ♪襟足がアクセントになって、短いヘアスタイルでも印象的な振袖ヘアが完成します♡

ある程度長さがあるウルフカットの方は、ハーフアップやシニヨンでのフルアップでいつものウルフカットとは違う印象を作ってみてはいかがでしょうか。髪の長さや毛量でできるアレンジが変わってくるので、美容院で事前に相談してみるのがおすすめですっ♪

今流行りのインナーカラー。成人式の時も振袖にインナーカラーを合わせたいと考えている方も多いかもしれませんが、そもそも振袖にインナーカラーってありなのでしょうか?

今回は振袖にインナーカラーがありかどうかや、インナーカラーを振袖に合わせるメリット・デメリット、インナーカラーの人気の色などを紹介します!成人式のヘアスタイルに悩んでいる方は必見です♪

振袖にインナーカラーってあり?

ヘアカラー

成人式に着る振袖が決まったら、今度はどんなヘアスタイルにしようか悩んでしまいますよね。一生に一度の成人式だから、自分のイメージ通りのヘアスタイルにしたいものです☆ヘアスタイルを決める時に多くの人が悩んでしまうのが、「成人式って黒髪じゃなきゃダメなの?」ということ。でも、成人式のヘアカラーはどんなカラーでも問題ありません。

もちろんインナーカラーを成人式に合わせるのも全然あり!むしろダークトーンと鮮やかなカラーの組み合わせになるインナーカラーは、振袖との相性がとってもいいんです♪振袖の色やヘア飾りなどの小物の色と合わせたインナーカラーにすれば、遊び心のあるハイセンスな振袖スタイルが作れちゃいますよっ♡

振袖にインナーカラーを合わせるメリット・デメリット

振袖と相性抜群のインナーカラーですが、振袖にインナーカラーを合わせるのはメリットもデメリットもあります。メリット・デメリットを紹介するので、インナーカラーにする前に知っておきましょう☆

メリット

まずはメリットから紹介します♪これを知れば、あなたもインナーカラーがしたくなるかも知れません♡

アップスタイルが映える

成人式のヘアスタイルといえば、アップスタイルが定番です。インナーカラーはダウンスタイルではあまり目立ちませんが、アップスタイルにするとカラーがしっかり見えます☆フルアップするとインナーカラーがしっかり目立ちますし、編み込みにすればチラッと見えるインナーカラーがさりげなくて、とってもおしゃれ♪後ろ姿も完璧な振袖ヘアが完成します。

コーデのアクセントになる

インナーカラーはコーデのアクセントにぴったり!とくにシックなカラーの振袖を選んだ人がインナーカラーをしておけば、それだけでコーデの差し色になってセンスを感じさせるコーデが完成します。一般的にはヘア飾りやバッグ、帯などの小物を差し色にしますが、ヘアカラーを差し色にするって、なかなかみんながしないので周りとも差がつきますよねっ♪

ボブヘアでも簡単におしゃれなヘアスタイルが作れる

成人式までに髪の毛が伸ばせないという人は、ボブスタイルでインナーカラーにすればアップにできなくてもおしゃれなヘアスタイルが簡単に作れちゃいます。ワントーンカラーだとシンプルになりがちなボブでも、インナーカラーだとおしゃれ感がアップするのでおすすめ♪イヤリングカラーにして、ちょっとだけアクセントをつけるのもおしゃれです☆

デメリット

メリットがたくさんある振袖&インナーカラーの組み合わせですが、デメリットも紹介しておきます。

家族に反対される可能性がある

振袖にインナーカラーを合わせるデメリットは、パパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんに反対される可能性があること。とくにおじいちゃん・おばあちゃん世代は「正統派で振袖を着てほしい」と思っている人もいる世代なので、あまりいい顔をされない可能性はあります。

髪が傷んでしまう

暗めのトーンでインナーカラーを入れる場合でも、一度髪の毛をブリーチして、色が入りやすい状態にする必要があります。そのため、インナーカラーにすると髪が痛みやすいというデメリットがあるのも事実。成人式前後もしっかりヘアケアしないと、パサパサの髪の毛で成人式を迎えることになるかもしれません。

インナーカラーで人気の色とは

色とりどり

振袖に合わせるインナーカラーで人気なのは、振袖の色や小物と合わせたカラーです。単色ではなく、同じ色味で少しずつトーンを変えて、グラデーション風にするカラーが人気があります♡

また、普段の生活であまりポップなカラーができないという人に人気なのが、グレーやグレージュといったインナーカラー♪どんな色とも合うので、普段のファッションとも髪色の相性がいいのが人気の理由です☆

振袖にインナーカラーを合わせてみんなと一味違う振袖コーデを楽しもう

ヘアスタイルも振袖コーデの一部ですから、ヘアカラーにもこだわりたいですよねっ♪インナーカラーは遊び心もあって、振袖や小物のカラーとも合わせられるので、完璧なトータルコーデが作れちゃいます♡ヘアスタイルで悩んでいるなら、インナーカラーも検討してみてはいかがでしょうか。「成人式に入れたいカラーがあるけど、普段のファッションと合わせづらい」という場合は、サロンでインナーカラーにしたい部分だけをブリーチして、その部分にワンデーカラーを入れれば1日だけ楽しむこともできますよ☆

成人式で振袖を着ている人が白いもふもふを身につけている姿を見たことはありませんか?振袖を着るときはいろんな小物を身につけますが、白いもふもふは定番中の定番です☆ではどうして成人式で白いもふもふを身につけるのでしょうか?

今回は振袖を着るときに身につけるもふもふのルールや意味、もふもふの種類について解説します。振袖がより華やかに見えるもふもふ♡見た目だけじゃなくてちゃんと意味もあるので、この機会に知っておきましょう♪

振袖に身に付けるもふもふにはルールがある!

白いファー

振袖を華やかに、そして可愛く見せてくれるもふもふ。成人式の時は、たくさんの女の子がもふもふを身に付けていますよね!もふもふは、正式に「ショール」「ファー」「フェザーショール」などと呼ばれるのですが、振袖でもふもふを身につけるのにはルールがあるんです☆

それは「建物に入ったらもふもふを外す」ということ。振袖を着る時にもふもふは、洋服でいうコートの役割があります。人のおうちに遊びに行ったり、レストランに入ったりした時って、コートを脱ぐのがマナーですよね?コートと同じ扱いのもふもふだから、成人式の時でも建物に入ったら外すのがルールです。

成人式の映像などを見ていると、屋内で行われる式典の間ももふもふを巻いている人がいますが、これはNG。本来はもふもふを外して畳み、膝の上に置いておかなくてはなりません。建物内を歩くときは、腕に掛けるようにして歩いてOKです♡もちろん屋外で行われる式典であれば、そのまま付けておいても問題ありません。

成人式の振袖にもふもふを合わせようと考えている方は、覚えておいてくださいねっ☆

振袖にもふもふを身に付ける意味とは?

振袖にもふもふを身に付けると、華やかでゴージャスな見た目になるし、ふわふわ感が可愛いですよね♪振袖にもふもふを身に付ける意味は3つあります。「もふもふは必要かな?」と悩んでいる方は、意味を知って必要かどうか考えてみましょう♡

防寒対策

先ほど、もふもふは洋服でいうコートの役割があるとお話ししました。もふもふは振袖における防寒アイテムで、寒さから身を守るために身に付けます☆ほとんどの場合、成人式が行われるのは1月上旬でとっても寒いですよね。しかも振袖の時は、髪の毛をアップでアレンジするのが定番ですし、衿の後ろは肌が見えるように抜いて着付けるので、首元は思っている以上に寒いんです。もふもふを巻けば、首元が完全にカバーされるので、寒さ対策になります♡

顔映りがよくなる&小顔効果

プロのカメラマンさんが写真を撮るときに、モデルさんの顔の近くで板のようなものを持っているのを見たことがありませんか?あの板はレフ板といって、写真を撮ったときに顔映りをよくする効果があるんです。もふもふの定番は白で光を顔に集める効果があるので、レフ板を使ったときのように顔写りがよくなります♡とはいえ、「加工アプリがあるし…」と思う方もいるかもしれませんね。でも成人式は集合写真を撮る機会もありますし、加工アプリを使う場合でも、顔映りがいいに越したことはありません♪しかももふもふのボリュームで小顔効果だって期待できちゃいます☆

振袖が華やかになる

振袖自体が華やかですが、もふもふがあるとないのとでは、華やかさが変わってきます。もふもふには、おめでたい成人式により華やかに振袖を着こなすためのファッションアイテムとしての意味もあるのです☆

振袖に身に付けるもふもふの種類

カラーファー

もふもふは白くてふわふわしているのが定番ですが、実は種類があります♪種類によって印相も変わるので、自分に合ったもふもふを見つけましょう♡

水鳥ショール

ファータイプのもふもふの中で、一番リーズナブルなのが水鳥ショール。振袖レンタルでついてくるもふもふのほとんどが水鳥ショールです。

ラビットファー

毛足が長くて、優しい手触りのもふもふです。色で染められたのものも多く、白以外のカラーバリエーションも豊富♪

フォックスファー

毛足が長く、ボリュームがしっかり出るもふもふです。大きいサイズだと首周りにボリュームが出過ぎてしまうことがあるため、小さめのもふもふも人気があります☆

黒ファー

もふもふは白だけではありません。ゴージャス&シックに振袖を着こなしたいなら、かっこよさが出る黒ファーもおすすめですっ♡

ベルベッド

唯一ファータイプではないもふもふです。ベロア素材なのでふわふわ感は控えめですがレトロな印象になります☆今人気のレトロモダンの振袖コーデにぴったりです♡

振袖コーデに合わせてぴったりなもふもふを選ぼう♪

寒さ対策にもなるし、写真映りもよくしてくれるもふもふ。冬に行われる成人式なら、もふもふがあるとないとで寒さが全然変わってきます。もふもふにはいろんな種類があるので、振袖コーデに合わせて選んでみるのがおすすめっ♡コーデにぴったりハマるもふもふを探してみましょ!

成人式は頭のてっぺんからつま先まで完璧なコーデにしたいですよね。振袖と同じくらい重要なのがヘアスタイルですが、そのヘアスタイルをさらに華やかに見せてくれるのがヘア飾りですっ☆振袖に合わせるヘア飾りは色々な種類があるので、選ぶのにも迷ってしまうかもしれません。

そこで今回は振袖に合わせるヘア飾りの種類や選び方、今流行っているヘア飾りを紹介します♡一生に一度の成人式だからこそ、イメージ通りのコーデになるように、ヘア飾りもこだわっちゃいましょう♪

ヘア飾りの種類はどれくらいある?

ヘアセット

成人式のヘア飾りは、和服用のものもあれば、洋服にも合わせられるようなものもあります。まずはどんな種類があるのか知って、振袖コーデに合いそうなヘア飾りを選びましょう♡

ヘア飾りの種類 1. つまみ細工

つまみ細工はなんと江戸時代から伝わるヘア飾り!絹を摘んだり折ったりしてお花などのモチーフを作ります。和を感じさせる伝統的なヘア飾りです。最近はオーガンジーやサテンを使ったつまみ細工もあって、モダンな印象にもぴったり♪

ヘア飾りの種類 2. かんざし

粋なカッコよさが出せるのがかんざしです。日本では昔から使われてきたヘア飾りなので、振袖とも相性抜群!1・2本の棒の先端に飾りがついていて、丸い飾りがついているのが定番の玉かんざしです。高級感を出すには、べっこうや象牙、金などのかんざしがおすすめ。どれもシンプルなので、他のヘア飾りとも合わせやすいです♪

ヘア飾りの種類 3. コサージュ風

ドレスにつけるコサージュのようなヘア飾りのことです。振袖だけでなくドレスにも合わせられるデザインが多いので、成人式以降も使い回しができます。サテンやオーガンジー、ポリエステルなどの素材を使っていて、デザインが豊富なのも魅力。いろんなサイズがあるので、組み合わせてつけるのも◎

ヘア飾りの種類 4. 水引風

水引とはご祝儀袋についているリボンなどの形をしたもののことです。ご祝儀袋だと赤と白が定番ですが、その水引のようなヘア飾りもあります。お花モチーフやリボンモチーフなどがあり、カラーバリエーションが豊富♡おめでたい成人式にはぴったりのヘア飾りです。

ヘア飾りの種類 5. 生花

本物のお花もヘア飾りになります。生花で人気なのは、ゴージャスな百合や可愛らしい印象のピンポンマム。またブーケのようにアレンジしてヘア飾りを作ってもらうことも可能です☆

ヘア飾りの種類 6. リボン

女の子らしい可愛さが出せるヘア飾りの定番がリボンです。リボンを合わせて編み込みを作ると、それだけで華やかなヘアスタイルになります♪他のヘア飾りと合わせやすいですし、洋風コーデにもおすすめですっ♡

ヘア飾りの選び方

色を合わせる

いろんなヘア飾りがありますし、どれも可愛く見えるので、どれにすればいいか迷っちゃいますよね。迷っているあなたのためにヘア飾りの選び方を紹介します!これを押さえておけば、振袖コーデにぴったりのヘア飾りが選べますよっ♪

振袖か小物の色と合わせる

振袖コーデに統一感を出すためには、ヘア飾りの色を振袖か小物の色と合わせるのがおすすめですっ☆振袖の色と合わせれば全体的な統一感が出ますし、小物の色と合わせれば差し色としてアクセントにもなります♪振袖が赤なら同じ暖色系のピンクを合わせるなど、色味を合わせてグラデーションを作ってもおしゃれですっ♡

振袖の柄と合わせる

振袖にはお花や扇、蝶々など、色々なモチーフが描かれています。ヘア飾りのモチーフを振袖のモチーフと合わせると、センスを感じさせるコーデに仕上がりますよ♡

なりたいイメージで選ぶ

ヘア飾りは顔の一番近くにくるので、ヘア飾りでコーデの印象が決まりやすいです。可愛いイメージならパステルカラー、ピリッと引き締めたいならシックなカラーを選ぶなど、なりたいイメージで決めるのもおすすめです♪

ヘア飾りで今流行っているのは?

ヘア飾りで今流行っているのは、くすみカラーの花モチーフのヘア飾りや、リボンやレースとお花をミックスしたヘア飾りです。

花モチーフは定番中の定番ですが、くすみカラーを選ぶと大人っぽい印象になり、周りの子とも差がつきます。レトロ系のコーデにも合うヘア飾りです!

リボンやレースとお花をミックスしたヘア飾りは、華やかで個性的なヘアアレンジをしたい人に人気♪リボンやレースをプラスすることで可愛く仕上がりますし、モダンコーデにもぴったりです♡

成人式で振袖に合わせるヘア飾りは振袖との統一感を大切に♪

成人式は振袖自体にインパクトがあるので、振袖とミスマッチな花飾りだとコーデの統一感が出ません。色や柄を振袖や小物とリンクさせて、統一感のあるコーデにすれば、より素敵な振袖コーデが完成します☆ヘア飾りは種類もデザインも豊富なので、いろんなヘア飾りをチェックして、振袖に合うヘア飾りを見つけてくださいねっ♡

振袖を着る時って、どんなヘアスタイルにするかも悩んじゃいますよね。髪の毛の長さによってできるヘアアレンジも変わりますが、ミディアムくらいの長さがあるならツインテールがおすすめですっ♪

今回は振袖にもぴったりなツインテールの種類や印象、ツインテールのセットに必要なアイテムについても解説します☆成人式のヘアスタイルで悩んでいる人は必見ですっ♡

振袖に合うツインテールの種類

お団子ヘア

ツインテールといってもいろんな種類のアレンジがあります。まずは振袖にはどんな種類のツインテールが合うのか知っておきましょう♪

玉ねぎツインテール

玉ねぎツインテールは、玉ねぎが連なっているように見えるツインテールの種類です。普通にツインテールを作った後に、ツインテールの間をゴムで分けて縛ります。ゴムで分けた間の髪を引き出して玉ねぎのように膨らませると、ボリュームがあって可愛い印象の玉ねぎツインテールが完成♪

玉ねぎツインテールは三つ編みツインテールよりもインパクトがありますし、振袖の豪華さにも負けないヘアアレンジです♡それでいて簡単に作れるので、ヘアアレンジが苦手な人にもおすすめっ♪「セルフアレンジでお金を浮かせたいけれど、ヘアアレンジが苦手…」という人でも簡単にヘアセットできます。

お団子ツインテール

お団子ツインテールは、ツインテールをお団子にしたフルアップのヘアスタイル♪ツインテールの可愛らしさは残しつつも、ヘアスタイルがスッキリするので振袖を目立たせたいという人にもおすすめ☆お団子を作る位置によって印象が変わります。

高めの位置でツインテールを作ってお団子を作れば、お団子が動物の耳のように見えて可愛くてポップな印象に、下めで作ればしっとりとした大人っぽい印象になりますよっ♡

編み込みツインテール

編み込みツインテールは、今成人式のヘアスタイルで人気のスタイルの一つ。単に編み込みをするだけだとスッキリとした印象になりすぎてしまうこともありますが、髪の毛と一緒にリボンや紐を編み込めば、華やかな印象が一気にアップします♪

振袖の色や差し色と合わせてリボンや紐を選ぶだけで、簡単に統一感のあるヘアスタイルが完成するのでおすすめ♡写真でもヘアスタイルが目立つので、インスタ映えさせたい人にぴったりですっ☆

フィッシュボーンツインテール

フィッシュボーンツインテールは、両サイドにフィッシュボーンの編み込みをしたツインテールのこと。ツインテールのヘアスタイルは可愛い印象になりがちですが、スッキリ見えるフィッシュボーンは、クールな印象もプラスできちゃいます。

可愛らしさとかっこよさを共存させた振袖コーデにしたい人におすすめですっ♪

高めツインテール

高めツインテールは、耳よりも上の位置でツインテールを作るスタイルのことです。高めツインテールを可愛く華やかに見せるには、髪の毛をしっかり巻いてからツインテールにするのがおすすめ☆ゴムで結んだ部分にお花のヘアアクセサリーをつければ、ガーリーで華やかな振袖にぴったりのヘアスタイルに仕上がりますっ♪

振袖に合うツインテールの印象

編み込みツインテール

振袖におすすめのツインテールは、女の子らしさや可愛らしさを感じさせるヘアスタイルです。パステルカラーの振袖や小花柄、リボンモチーフなどの振袖ととっても相性がいいですよっ♡

可愛らしい印象が強いツインテールですが、どのくらいの高さでツインテールにするかで印象が変わります。高めの位置でツインテールを作れば元気でポップな印象に、耳くらいの位置で作れば優しくてガーリーな印象に、低めの位置で作れば大人かわいい印象に♡成人式にどんな自分になりたいかを考えてツインテールの位置を決めると良さそうですねっ♪

ツインテールのセットに必要なアイテム

ツインテールのセットに必要な基本アイテムはヘアブラシやくしと、ヘアゴムやシリコンゴムだけです。セットするときにアレンジしやすくするには、ワックスなどのスタイリング剤を使うのがおすすめ。セットができたら崩れないようにヘアスプレーを使って固めると安心です♡

これに加えて、どんなアレンジをするかで必要なアイテムが変わってきます。お団子にするならヘアピン、リボンを編み込むならリボンも用意しましょう。

ツインテールだけでも華やかなヘアスタイルに仕上がりますが、成人式ですからヘアアクセサリーも用意しておきたいですよねっ♪ツインテールにするときは大きめのヘアアクセサリーよりも、小さめのヘアアクセサリーをいくつかつけた方がバランスがとりやすいです◎

可愛さ重視の振袖コーデにするならツインテールがおすすめ☆

ツインテールは女の子らしい印象が強いヘアスタイルです。また若々しい印象があるので、ハタチの今こそぴったりのスタイル♪可愛さ全開の振袖コーデをしようと決めているなら、ツインテールを選んでみてはいかがでしょうか♡アレンジ次第で印象が変わるので、色々なツインテールを試してみましょう。不器用さんのセルフアレンジなら、玉ねぎツインテールがおすすめですっ☆

振袖を着るときにどんなヘアスタイルにするか決めましたか?振袖に合わせる髪型なら断然編み込みがおすすめですっ♡編み込みは髪の毛が長い人はもちろん、短い人でも取り入れられるアレンジなので、アレンジに悩んでいる人にもおすすめ☆

今回は振袖に編み込みヘアを合わせたときの印象や、振袖に編み込みが似合う人の特徴、長さ別のアレンジ術を紹介しちゃいます♡振袖に合わせるヘアスタイルが決まらなくて悩んでいる方は必見ですよっ☆

振袖に編み込みってどんな印象?

ロングヘアの編み込み

振袖に合わせるヘアスタイルの定番といえば編み込みです。振袖に編み込みヘアを合わせたときにどんな印象になるのかを紹介します☆

アレンジ次第で印象が変わる

編み込みヘアって一口に言っても、いろんなアレンジ方法がありますよね。髪の毛を全体的に編み込んでアップにする方法や、サイドのみ編み込みにする方法、編み込みでダウンヘアを作る方法など、アレンジ方法は無限ですっ☆しかも編み方も色々あるので編み込みヘアの印象は一言ではくくれません!

アレンジ次第で可愛らしくも大人っぽくもできちゃうのが編み込みヘアの魅力♡お気に入りの振り袖や振り袖コーデのイメージに合わせたヘアスタイルが作れちゃうのが編み込みヘアなんです♪

すっきりとした印象で着物が映える

なりたい印象に合わせてヘアスタイルが作れる編み込みヘア。与える印象はさまざまですが、どんなイメージでヘアスタイルを作ったとしても、編み込みヘアだとすっきりとした印象になります。

髪の毛をきっちり編んでまとめて行くので、編み込みは髪の毛のボリュームをコントロールしながらヘアアレンジが作れるのが特徴♡成人式はどんなヘアスタイルにしてもOKですが、せっかくお気に入りの振袖を着るなら振袖が映えるヘアスタイルにしたいですよね☆

編み込みヘアならゴージャス感や華やかさを出しつつもヘアスタイルがスッキリするので、振袖が映えて美しく見えますよ♪

振袖に編み込みが合う人の特徴とは

編み込みヘアは成人式の振袖ヘアの定番なので、基本的にはどんな人にでも似合います。ただ全体的に編み込みは、顔の形を強調してしまうので、丸顔や逆三角形の顔の輪郭の人におすすめです☆

それ以外の顔型の人はサイドだけ編み込んでみるなど、部分的な編み込みにすると、顔の輪郭を強調しすぎずにおしゃれな編み込みヘアが作れますよ☆

振袖に合わせた髪の長さ別のアレンジ方法を紹介!

編み込み

髪の長さによってできる編み込みアレンジは変わってきますよね。髪の長さ別で振袖に合うヘアアレンジ方法を紹介しちゃいます☆

ショートヘア

ショートヘアの方でもヘアアレンジを諦める必要はありません。ショートヘアの人が可愛く編み込みアレンジをしたいのであれば、サイドからサイドへカチューシャのように編み込むのがおすすめ。片側に花飾りをつけると、より可愛く見えます♡

クールなヘアアレンジにしたいなら、サイドを編み込むアレンジがおすすめ。片側だけ編み込んでも両サイドを編み込んでも素敵です♪

ボブヘア

ボブヘアの人におすすめの編み込みヘアアレンジはハーフアップです。ざっくりと編み込んで後ろに髪飾りをつけると、抜け感のあるヘアスタイルが完成します♡

肩につくくらいの長さがあれば、全体を編み込んでフルアップにしても◎ボリュームを出しながら全体を編めば、ロングヘア顔負けのフルアップが完成しますよっ♪

ミディアムヘア

ミディアムヘアにおすすめなのが、編み込みで作るダウンスタイルです。ミディアムヘアくらいだとダウンヘアにしても髪の毛が長くなりすぎないので、身長に関わらずバランスが取れます。髪の毛と一緒にリボンや紐を編み込むとおしゃれです☆

フルアップにしたいならどちらかのサイドに流れるように編み込みを作るのがおすすめ♡下にボリュームを持たせるように編み込むと色っぽい印象になりますよっ♪

ロングヘア

どんなヘアアレンジも自由自在のロングヘア。髪の毛全体を編み込みにして、お団子を作るようにまとめればボリューム感のあるゴージャスなヘアスタイルが完成しますよっ!上の方でまとめれば可愛い印象になりますし、下でまとめればお淑やかな印象になります♡

抜け感を出したいならルーズな編み込みをするのがおすすめ☆トップまで編み込めば緩めの編み込みでもしっかりボリュームが出ます♪

人と被りたくないなら編みおろしがおすすめ!お花や紐を一緒に編み込んでみましょう。ポニーテールの編みおろしにすれば、身長が低めの人でもバランスが取れます☆

編み込みヘアは自由自在!なりたい自分をイメージして成人式ヘアを決めよう

編み込みはヘアアレンジのなかでもバリエーションがかなり豊富なヘアスタイルです。編み込みなら可愛くもカッコよくも大人っぽくもなれるので、なりたいイメージが簡単に作れちゃいます♡ヘアスタイルも振り袖コーデのひとつ☆色々な編み込みアレンジを試してみて、最高に素敵な自分で成人式を迎えてくださいね♡

成人式で振袖を着るときには振袖以外にもいろんな小物が必要になります。そのなかのひとつが帯揚げです。振袖の着こなしはなんとなく想像できても、帯揚げがどんなものなのか説明できる人は少ないかもしれませんね。

そこで今回は帯揚げの役割や種類、特徴などを紹介♡帯揚げの結び方やアレンジ術も紹介します!小物をうまく使うことも、振袖の着こなしをおしゃれにするためには欠かせません☆帯揚げの結び方をマスターして、可愛く成人式の振袖を着こなしましょ♪

帯揚げの役割や意味を解説

帯揚げをつける

ではまず「帯揚げ」がどんなもので、どんな役割を持っているのかを知っておきましょう♡

帯揚げとは

帯揚げは振袖を着るときに欠かせない小物のひとつです。振袖を着ている人の写真を見てみると、帯の上にちらっと布が見えているのがわかりますよね。これが帯揚げです♪

帯揚げの役割と意味

帯揚げの役割は振袖コーデにアクセントを加えたり、コーデ全体を引き締めたりするのが大きな役割です。成人式で振袖を着るときは、他の着物を着るときよりも帯揚げが見えるように着こなします♡帯揚げで色や柄をプラスすることで、帯の周りがもっと華やかになるんです♪いろいろな振袖写真を見てみると、振袖の色と統一した帯揚げを選んでいる人、逆にあえて反対色を選んでアクセントカラーにしている人などがいることがわかります。

また帯揚げには実用的な役割もあります。帯を巻くときに帯を綺麗に見せる帯枕という小物も必要なのですが、この帯枕の紐を隠す意味も持っているんです。今では欠かせない帯枕ですが、実は江戸時代までは帯枕を使わずに振袖や着物を着こなしていました。そのため帯枕の紐を隠す帯揚げもそれまではなかったんです☆帯枕が崩れないように締めるという役割もあるんですね。

帯揚げの種類と特徴とは

振袖をよりおしゃれに見せてくれる帯揚げ。帯揚げにはいくつかの種類があるんです♪どんな種類があるのか紹介しますっ!

ちりめん

ちりめんとは表面にシボと呼ばれる凸凹があり、肌触りが良く重厚感があるのが特徴です。凹凸が色を綺麗に反射させ、独特の風合いを作り出します。ちりめんの帯揚げはカジュアルな印象を与えるアイテムなので、普段着に使われることが多め◎染め素材としても使われる生地で色柄が豊富なので、成人式の帯揚げに選ばれることも多いです。

綸子(りんず)

綸子は絹素材で作られた生地のことで、滑らかな風合いと美しい光沢が魅力です。綸子の帯揚げは振袖に限らずフォーマルな着物を着るときに選ばれます。結婚式に着る白無垢や振袖は綸子が選ばれることも多いです♪高級感があるので、振袖を上品に着こなしたい人におすすめ♡

絞り

絞りとは生地の染め方の種類のひとつです。布を糸でくくったり道具で挟んだりして、染めない部分を作って仕上げます。くくったり挟んだりした部分で凹凸が生まれるので、クシュっとした風合いになるのが特徴。振袖にはフォーマルな着物にぴったりの総絞りが選ばれることが多いですが、カジュアル感のある部分絞りを合わせてもOKです♡

ただフォーマルな総絞りの帯揚げでも、訪問着や留袖には合わせません。

絽・紗

絽や紗は洋服でいうシースルーのような生地のことです。透け感があるので、夏の着物に使われます。絽や紗の帯揚げも、夏の普段着に使われていることも多いです♪振袖を着るのは冬ですから、絽や紗の帯揚げを選ぶことは少ないでしょう。

色ごとの使い分け

帯揚げにはさまざまな色や柄があります。

基本的に白の帯揚げは結婚式などおめでたい席で使う帯揚げです。成人式もおめでたい場なので、白の帯揚げを選んでもOK♪黒の帯揚げはお葬式で使うのが一般的です。成人式で黒の帯揚げを使うなら、絞りが入ったものや柄の帯揚げを選ぶとよいでしょう。

そのほかの色や柄入りの帯揚げはカジュアルな印象になるので普段着に選ばれます。成人式はフォーマルな場ですが、おしゃれを楽しむ場でもあるので色柄の帯揚げを選んでコーデのポイントにするのがおすすめですよっ♡

帯揚げの結び方やアレンジ方法

帯揚げ

帯揚げの一般的な結び方やアレンジ方法を紹介します♪成人式に振袖を着るときは帯揚げを見せるのが定番ですから、可愛く見える結び方を知っておきましょう♡

一般的な結び方

帯揚げの一般的な結び方は、帯の上部に帯揚げを後ろから回し、右手に持った帯揚げが上に来るように巻き結びをします。左手に持っている帯揚げで輪っかを作り、そこに右手の帯揚げを通しましょう。結び目を俵の形に整えたら、余った部分を帯の中に押し込みます。

帯揚げアレンジ 1. リボン結び

帯揚げを蝶々結びで結ぶアレンジです。可愛らしくモダンな印象になるので、成人式の帯揚げアレンジでは人気があります♡

帯揚げアレンジ 2. カモメ結び

カモメが飛んでいるような見た目の結び方です。山のように見えるので入組山飾りとも呼ばれます。上品でスタイリッシュに見えるアレンジ方法です♪

帯揚げアレンジ 3. 花飾り

帯揚げを使って花を作り、帯の上に花が載っているように見せるアレンジです。アクセントになりますし、振袖の花柄にもぴったり合います♪

振袖に合った帯揚げを見つけよう♡

飾りとしての意味合いが強い帯揚げ♪振袖をよりおしゃれに見せてくれるアイテムとして、帯揚げ選びもこだわりたいですよねっ!振袖の色やほかの小物の色と合わせて、振袖コーデのアクセントとなるような帯揚げを選びましょう☆

振袖は一緒に合わせる小物もコーディネートすることでもっと素敵に着こなせます。振袖に合わせる小物のなかでも押さえておきたいのが「重ね襟」です♪ 重ね襟と聞いても普段和服を着る機会がないとピンと来ないかもしれませんが、かわいい重ね襟を選べば振袖コーデが一気にグレードアップするんですよ♡

今回はそんな「重ね襟」について解説しちゃいます。重ね襟の役割や選び方のポイント、付け方のコツを解説するので、成人式の振袖コーデを考えるときの参考にしてくださいねっ☆

振袖の重ね襟の役割とは?

赤系の重ね襟

ではまず「重ね襟」がなんなのかを知っていきましょう!

重ね襟とは着物を着たときに襟の部分に重ねるアイテムのことで、伊達襟とも呼ばれます。昔は振袖などの着物を着るときに、何重にも着物を重ねることで着物の品格をアップさせていました。着物を重ねることで振袖は略式礼装となり、礼装としてのグレードをアップさせていたのですが、今は着物を重ねる代わりに重ね襟を重ねるようになったのです。

重ね襟は必ずなくてはならないものではないのですが、成人式などのフォーマルな場面にはぴったりのアイテムです。高級感がアップするだけでなく、見た目もオシャレに見えますし、コーデのアクセントにもなります。

振袖の重ね襟の選び方ポイント

振袖の重ね襟を選ぶときにはいくつかのポイントがあります。どんな重ね襟を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

ポイント1. 振袖の色に合わせて選ぶ

重ね襟にはさまざまな色があります。一般的には振袖の色に合わせて選ぶのがおすすめです。振袖の色別でおすすめの重ね襟の色を紹介します。

赤系の振袖

赤系の振袖におすすめの重ね襟は、赤の補色である緑色の重ね襟がおすすめです。落ち着いた雰囲気になります。振袖の色味に合わせて、色の濃淡を決めましょう。赤系の振袖は比較的どんな色でも合うので、カラシ色もおすすめですし、ピンクやオレンジなどの同系色でグラデーションを作るのもおすすめです☆

青系の振袖

青系の振袖には暖色系の重ね襟を合わせると顔まわりが華やかに見えます。青系の振袖はクールな印象が強くなるので、暖色系を合わせることで優しい印象もプラスできるでしょう♪全体的に華やかな印象になります。クールな印象をキープしたいのであれば、緑や紫などをプラスするのもおすすめですっ♡

黄色系の振袖

華やかな印象が強い黄色系の振袖には、振袖には全くない色の重ね襟を合わせるのがおすすめです☆鮮やかな色柄の振袖なら、黒や紫の重ね襟を合わせると個性的なコーデが完成します。赤やピンクなどをプラスすれば、華やかな印象がアップしますよっ♪

緑系の振袖

緑系の振袖を大人っぽく着こなしたいなら、黒や青など落ち着いた色味がおすすめです。反対に赤やピンクを選べば、華やかな雰囲気になります☆うぐいす色やカラシ色を選んで、古風なイメージに仕上げるのも素敵ですよねっ!

ポイント2. 差し色で統一する

最近流行っているのが、小物で差し色をプラスする振袖コーデです。例えば青の振袖を着るときに真っ赤の小物を選ぶなど、洋服と同じように差し色をプラスするとスタイリッシュな振袖コーデが完成するんです☆その差し色に合わせて重ね襟の色を選ぶのもおすすめ♡全く違う色でも小物全てを同じ色で統一すれば、全体的にまとまったコーデが完成します。

ポイント3. ディテールで選ぶ

重ね襟のバリエーションはどんどん増えていて、パールが施されたものやつまみ細工がついたものなど、アクセサリー感のある重ね襟もあります。振袖の時はネックレスがつけられないので、ディテールで選んでネックレス代わりにするのもオシャレです♪

振袖の重ね襟のつけ方のコツ

襟を付ける

重ね襟は長さ1.2~1.3mくらい、幅は10~12cmくらいのものは一般的です。重ね襟をつけるときは、重ね襟を縦に半分に折って中心部分を見つけます。その中心と着物の背中の中心を合わせましょう。重ね襟を着物から5mm程度中に入れ、真ん中と左右5cmくらい離れたところを留めてそのまま着つけをすればOKです。

元々は振袖に直接縫い付けて使うものですが、振袖に穴を開けたくないという場合やレンタルで縫い付けられないという場合には長襦袢に縫います。クリップでも留められるのですが、長時間つけると気崩れしやすいので注意をしましょう。

重ね襟で振袖コーデをもっとオシャレにキメちゃおう♡

振袖だけでも十分オシャレですが、重ね襟をプラスすれば振袖コーデがアップグレードします。振袖の品格を上げるという意味もありますから、晴れの日である成人式にはぴったりですよねっ☆

今回紹介した重ね襟の選び方を参考にしながら、ぜひイメージにぴったりの重ね襟を選んでみてください♡

振袖ってなんだか重そうに見えますよね。普段着慣れていないせいもありますが、「振袖を着ると肩が疲れちゃう」という人は実際にいます。せっかく振袖を着てオシャレをしても、疲れてしまったら思いっきり成人式を楽しめません。

そこで今回は肩を疲れさせない振袖の着方や、振袖選びのポイントを紹介しますっ!コツを押さえて笑顔で成人式の一日を過ごしましょ♡

振袖ってやっぱり重いの?

肩が痛い女性

振袖は体全体を布で覆うことになるので、普段洋服を着慣れている私たちには重く感じられます。試着をして「めちゃくちゃ重い!」と感じた人もいるのではないでしょうか。実際振袖を持ってみると、ずっしりした重さがあることに気付きますよね。

振袖に使われている生地の種類にもよりますが、やっぱり洋服と比べると重いです。「かわいい振袖を着れるから楽しみ♪」と思っていたけれど、実際に振袖を着て疲れてしまったという人もいます。

振袖は袖が長いのが特徴ですが、袖が長いからこそ重みがあって、肩にいつも以上の負担がかかりがち。振袖以外に襦袢や帯、その他の小物もつけますし、締め付け感もあるので、実際の重量よりも重く感じてしまうかもしれません。

振袖で肩を疲れさせない着方5つのコツ

せっかく振袖を着て成人式のお祝いをするのに、肩が疲れてしまったらテンションが下がってしまいますよね。疲れると表情も曇ってしまいます。疲れ知らずで成人式を楽しむために知っておきたい着方のコツを解説しますよっ☆

コツ 1. 和装ブラを着る

和装ブラとは胸をできるだけフラットにする、和装専用のブラジャーです。普段つけるブラジャーは胸の形をキレイに見せる効果がありますが、和装ブラは振袖スタイルがキレイに見えるように補正する効果があるんですよ♪締め付けて着る振袖だから、いつものブラでは疲れてしまいがち。振袖を着るときは和装ブラをつけましょう。和装ブラのサイズが合っていないと肩こりの原因になってしまうので、試着して選んでくださいねっ!

コツ 2. 着る前にストレッチ

腕を伸ばしてストレッチ

普段から肩の周辺が疲れていると、振袖を着た時に重さですぐに疲れてしまいます。振袖を着る前にはしっかり肩の周りをストレッチしておきましょ☆肩甲骨を動かすイメージで、肩を前回しと後ろ回しします。いつもは感じないかもしれませんが、肩甲骨周りは意識しないと動かさないので疲れてしまいがち。できれば振袖を着る数日前からしっかりストレッチしておくのが、肩を疲れにくくするコツですよっ♡

コツ 3. コーリンベルトのサイズを合わせる

コーリンベルトとは振袖の下に着る襦袢を留めたり、襟元を留めたりするのに使うアイテムです。クリップがついているのですが、このサイズがキツすぎると肩に負担がかかって疲れやすくなってしまいます。振袖はずり落ちないようにキツく締めて着用しますが、着てすぐに違和感があるならキツすぎる可能性も。気になったら着付けの時にすぐ伝えましょう☆

コツ 4. 衣紋抜きを引っ張りすぎない

振袖を着たときに衿が詰まらないようにする布を衣紋抜きといいます。衣紋抜きをつけることで、衿元がキレイに見えるのですが、引っ張りすぎると肩甲骨が後ろに引っ張られている状態になってしまうので、肩が疲れちゃうんです。

コツ 5. 正しい姿勢で振袖を着付けてもらう

普段の姿勢も関係してくるのですが、洋服ほど自由に動けない振袖は着付けてもらったときの姿勢が固定されてしまいます。着付けをしてもらうときに猫背になったり、背中をそりすぎてしまったりするとそのまま身動きが取れなくなるとで肩が疲れてしまうんです。振袖を着るときはまっすぐ立って正しい姿勢で着付けてもらいましょう♡

振袖の重さが気になるなら試着は必須!選び方のポイント

振袖は生地によっても重さが変わるので、同じサイズでも重いと感じる振袖もあれば、意外と軽いと感じる振袖もあります。重さが気にならない振袖を選ぶためには、絶対に試着をするようにしましょう。手で持ったときは「大丈夫そう」と思った振袖でも、実際に着てみると「めちゃくちゃ重かった!」ということもあります。ただ袖を通すだけでなく、きちんと着付けてもらってくださいね♪

「とにかくできるだけ軽い振袖がいい!」という人は、絞りの振袖を選ぶのがおすすめです。絞りの振袖は他の生地と比べてもふわっとしていて軽いのが特徴。高級感もありますし、落ち着いた印象もあるので、成人式に着る振袖としてはとってもおすすめです☆

着方が肝心!コツを押さえて振袖を着ても疲れ知らずになろう

振袖自体も重いですが、振袖を着ても肩が疲れないようにするには着方が大切ですっ☆今回紹介した振袖の着方のコツを参考にしてみてくださいね!

正しい姿勢で着付けてもらうことも紹介しましたが、せっかくキレイな振袖を着るのに変な姿勢だと魅力が半減しちゃいます。普段から正しい姿勢を意識しておきましょう♡

成人式といえば1月の成人の日に行われるのが定番ですが、夏に行われる成人式もあります♪どうして成人の日ではなく、夏に成人式が行われるのでしょうか。この記事では夏に成人式が開催される理由や、冬に開催される成人式との違いを紹介します♪

そして夏の成人式の問題となるのが、暑い季節に振袖を着れるのかどうかですよね!夏に振袖を着るときのポイントも解説するので、参加する成人式が夏に行われるという方はぜひ参考にしてくださいっ♡

夏に成人式が開催される地域もある

成人式といえば年が明けてすぐというイメージが強いのではないでしょうか。ほとんどの地域では、成人の日に合わせて成人式を行いますが、全国には夏に成人式を行う地域もあります。具体的には、北海道・青森・秋田・岩手・島根・長野などの一部地域です。これらの地域では、お盆や夏休み期間中に成人式が行われます。

また最近はゴールデンウィークに成人式を行う自治体も増えてきました。真夏ほど暑くないとはいえ、ゴールデンウィークも気温は上がってくるので、振袖を着るとなるとちょっと心配になりますよね。

夏に成人式を開催する理由とは?

夏の帰省

成人式を夏に開催する理由は、大きく分けて二つあります。

一つは雪がたくさん降るからという理由です。成人式は1月の初めに行われますが、豪雪地帯だとかなり雪が積もって移動がすごく大変になりますよね。せっかくの振袖を着ても、安全に会場まで行くことが難しかったり、ものすごく雪が降れば参加自体ができないことから、夏に成人式を開催するようになりました。天気って直前にならないとわからないので、せっかく準備していたのに成人式に出れなくなるより、確実に雪のない時期にやった方が安心ですよね♪

もう一つは地元で行われる成人式に参加しやすいという配慮が理由です。高校を卒業して地元を離れている人でも、成人式は地元で開催される式に参加する人がほとんどではないでしょうか。1月上旬は学生ならテストを控えている忙しい時期ですよね!しかもハッピーマンデーが始まって、成人式が第二月曜に固定されたので、お正月に帰省して一旦今住んでいるところに戻って、また成人式に帰省するというのはなかなか大変です。そのため、地方を中心にお盆や夏休み期間に成人式を行う自治体が増えました。

ゴールデンウィークに成人式を行う自治体もこのどちらか、もしくは両方の理由が考えられます。また近年はコロナ禍の影響で冬にできなかった自治体が夏に行うケースもあるようです。

夏に開催される成人式は何が違うの?

夏に行われる成人式と成人の日に行われる成人式には式典の違いはありません。もちろん自治体によって成人式の内容は違うのですが、大まかな内容は一緒なんです。

先ほど解説したように、雪による影響を避けたり地元を離れた人でも参加しやすくしたりすることが目的なので、内容自体が違うわけではありません♪「夏だから成人の日ほど豪華じゃないのかな?」なんて心配は必要ないので安心してくださいねっ!

ただ夏に開催される成人式は、成人の日に開催される成人式とは気候という大きな違いがあります。成人式といえば「振袖」ですが、夏に振袖を着ることを想像するとかなり暑そうな気がしますよね…。夏に開催される成人式に振袖を着る人もいるのですが、暑さを考えて浴衣やドレスを選ぶ人も多いようです。その場合は冬や涼しい時期に振袖で前撮りしておけば、振袖の写真も残せますよっ♪

夏の暑い時期に振袖を着るときのポイント

扇風機にあたる

夏に振袖を着ることを考えただけで、かなり暑そうなことはなんとなく想像できますよね。でも「成人式は絶対振袖を着たい!」という人のために、夏に振袖を着るときのポイントを解説しちゃいます☆

夏用の振袖を選ぶ

元々夏用の「絽」という振袖はあるのですが、夏に成人式を行う自治体が増えてきたことで夏用の振袖やオールシーズン着れる振袖が増えてきました♡涼しい地方なら冬の振袖でも乗り切れるかもしれませんが、そうでない場合は夏用の振袖を選ぶのがおすすめですっ!

熱中症対策を万全にする

夏って何を着てても暑いですよね。最近は夏に熱中症で倒れてしまう人も多いので、熱中症対策は万全にしておきましょう♪ちょっと荷物になりますが、水やスポーツドリンクは多めに持っておくと安心です。市販されている塩飴なども、熱中症対策になりますよ☆扇子やミニ扇風機を持っておけば、暑さも少し楽になります。

移動はできるだけ車で

成人式会場までの移動は、パパやママにお願いしてできるだけ車で行いましょう。もし車がないなら、友達と一緒にタクシーに乗るのもおすすめ☆電車やバスだと、駅やバス停からの移動が辛くなってしまいます。自宅から会場までがかなり遠い場合は、タクシーと電車やバスを組み合わせるなど工夫しましょう。

メイク崩れを徹底的に防ぐ

夏はすぐにメイク崩れをしてしまいますよね。いくら夏用の振袖でも、露出がないぶん普段より汗をしっかりかいてしまいます。ベースを必ず使い、汗に強いファンデーション、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを使ってメイク崩れを防ぎましょう。セッティングスプレーを使ったり、メイクの前に顔を冷やしたりしておくだけでも崩れにくくなりますよ♡

夏でも振袖は着れる♪しっかり対策して快適に成人式を満喫しましょ♡

夏に行われる成人式でも、一生に一度のことだから振袖でばっちりキメたいですよね!夏の成人式に参加する場合は、今回紹介したポイントをしっかり押さえて参加してください☆成人式が終わったらすぐに振袖をクリーニングに出して、汗染みにならないようにしましょうねっ♪