2019年11月1日

安価な振袖はやっぱりダメなの?安い振袖選び2つのポイント☆

安価な振袖はやっぱりダメなの?安い振袖選び2つのポイント☆

振袖を1着持っておくと、成人式や結婚式に着て行ったり、将来娘ができたときに譲ったりできて便利ですよね♡でも、高価なイメージがあるので、購入を諦めている人も多いかもしれません…。たしかに購入すると30〜40万円かかることが一般的。でも、20万円以内でもじゅうぶん質のよい振袖はあるんです♪

今回は、そんな安価な振袖選び2つのポイントについて解説します!

振袖を購入すると高いもので50万円以上かかる

価格チェック

振袖はとても高価なものです。一般的に、購入する場合はレンタルの2倍かかるとされており、30〜40万円前後、なかには50万円以上かかるものもあります!

高すぎる!と感じた人もいるかもしれませんが、高価な振袖は大抵正絹でできています。正絹の振袖とは、100%絹で作られた振袖のコト。

すべて絹で作られているため、ほかの素材では真似できないしなやかさがあります♪絹は、人の肌と同じタンパク質でできていて、綿素材と比べて1.5倍以上の保湿性&風のとおりが備わっているんだとか。着てみれば、なめらかな優しい肌触りと上質な印象を実感できるでしょう☆

ただ、いくら大事な日のためとはいえ、頻繁に着るものでもないため、50万円もするものをサッと購入はできないですよね…。

とくに成人式の場合、用意するものは振袖だけに限りません。写真やヘアメイク、着付けなど、ほかにも費用が発生しちゃうんです(汗)。自分で行って費用を抑えるのもアリですが、振袖にかかるお金もできるだけ抑えたいところ!

そんな出費は抑えたいけれど、自分の振袖も欲しい…!と思う人にオススメしたいのが安価で良質な振袖ですっ♡

20万円以内の高品質な振袖を選ぶなら化学繊維素材に注目!

20万円以内でも良質な振袖は購入できます☆安価で良質な振袖選びのポイントについて順番に解説していきましょう♪

安価で振袖を購入する場合、まず化学繊維素材(ポリエステル)で作られたものから選ぶことをオススメします☆ポリエステル製と聞くと、正絹と比較して値段相応に質も安っぽいのでは?と思うかもしれません。ですが、全然そんなことはないんです!ポリエステルだからこそのメリットをまとめてみました♪

  • 正絹と比べて軽くて肌触りがさらっとしている
  • 正絹と異なり家庭用の洗濯機を使って洗える
  • 洋服と同じ要領で収納し保管できる

正絹と比べると動きやすくさらっとしているため、こちらの肌触りのほうが好みという人もいるんですよ♪

また、正絹の振袖でネックとなるのが、洗濯や保管についてです。高級な正絹の振袖は家庭用の洗濯機では洗えないので、気をつけて保管しないとすぐに劣化していってしまいます…。その点、ポリエステルであれば、家庭用の洗濯機で洗えて、保管も簡単っ♡

ポリエステルならではの利点もある安価な振袖はオススメなんです!

振袖はレンタルを検討するのも◎

小物のみ

振袖は販売以外にも、レンタルもできます♪レンタルなら、クリーニングといったケアいらずで、そのまま返却できちゃいますし、収納場所にも困りませんよっ!

そしてなにより、購入するよりも費用を抑えられちゃいます!

ラブリスで欲しいものだけをレンタル!

振袖は販売はもちろん、レンタルの場合でもセットで用意されているものがほとんどです。振袖セットには、主に以下のアイテムが含まれています☆

  • 振袖
  • 帯揚げ
  • 重ね衿
  • 帯締め
  • 半衿
  • 長襦袢

このほかにも、草履やバッグ、ショールといったものが含まれる場合もあります。ただ、セットだと、小物だけ選びたい!という人だと困っちゃいますよね?そんな人にオススメなのが、ラブリスのレンタルです!ラブリスなら単品でのレンタルができちゃうので、オリジナルのコーデが揃えられますよ♪

ラブリスのレンタルで自分だけのコーデを楽しもう

人生で1度きりの成人式だからこそ、自分をもっとも華やかに演出できる振袖選びにはこだわりたいところです☆お気に入りの一着を見つけて購入するのもおすすめですが、ラブリスなら自分の好みに合わせた、自由なコーディネートがレンタルで楽しめちゃいます♡

レンタルならアフターケアいらずなので、まずはお店で気に入る振袖があるかをチェックしてみてくださいね☆