2019年12月2日

成人式で振袖を着たいのにお金がない(涙)それならレンタルがおすすめ♪

成人式で振袖を着たいのにお金がない(涙)それならレンタルがおすすめ♪

成人式では振袖を着る子がほとんどです。一生に一度だから、やっぱり華やかな振袖が着たいという子も多いのでは? でも、振袖を買うにはまとまったお金が必要…。 学費や、そのほかもろもろお金がかかるから親にお願いしづらい…という子も安心してください♪ 成人式の振袖を、安く済ませる方法があるんです!早速チェックしていきましょう!

成人式でかかる費用はどれくらい?

財布からっぽ 成人式って振袖を着て式に参加するだけだから、「振袖のお金さえあればなんとかなる!」と思っていませんか? 実は、振袖のお金以外にもいろいろとかかるんです。 まず、振袖といってもピンからキリまでありますが、相場は大体15~20万円といわれています。 また、振袖だけでなく小物類といって履物、バッグ、ショールなどが必要になります。 そして、写真を撮るなら撮影料、成人式当日に振袖を着るための着付け代、ヘアメイク代などがプラスされます。 写真は思い出になるので残しておきたいですし、着付けやヘアメイクも自分じゃできないですよね。 だからこそ、振袖のお金を節約する方法がおすすめなんです☆

振袖を着たい子に教えちゃう!安く済ませる方法

「お金がかかるのは申し訳ないけど、どうしても振袖を着たい!」という子のために、安く済ませる方法を教えちゃいます。

レンタルで価格を抑える

やっぱりなんといっても振袖はレンタルがおすすめです。 買うとしたら数十万円する振袖も、レンタルなら数万円ととってもお得! 何回か着る予定がある場合は別として、成人式の1回しか着ない子は絶対レンタルがおすすめです♡ レンタルの相場は、安いもので5万円前後、高いもので20万円前後なので、もし予算10万円ならそこそこ良い振袖を借りられちゃうというわけ! 基本はセットレンタルがほとんどですが、振袖レンタルをしているお店の中には自分で小物を選べるお店もあります。 徹底的にコーディネートを楽しみたいなら、小物も自分で選べるお店を選びましょう☆

ママ振、姉振を使って節約!

ママ振、姉振を使う節約方法もあります。 ママ振はママが着た振袖、姉振はお姉ちゃんが着た振袖のこと。 ママの振袖は柄が少し古くなっている場合があるけど、小物をトレンドのものでそろえれば意外と着られますよ☆ 姉振は、お姉ちゃんのおさがりっぽくてどうしてもイヤという子もいるかもしれませんが、小物の色やショールの色を変えるだけでも雰囲気が全く違うものに変化します。 ヘアアレンジ、メイク次第でいくらでもイメージチェンジできるので、「同じものだからイヤ」といわずに、上手なアレンジ方法を考えてみましょう。 振袖専門店の中には、小物だけレンタルできるお店があります。 「振袖を借りないで小物だけ借りるのって申し訳ない」と思うかもしれませんが、そんなことはありません! 振袖専門店のスタッフがプロの目でママ振や姉振に合った小物をチョイスしてくれるので安心ですよ♡ 着付けやヘアメイクでお金がかかってしまうことを考えたら、振袖専門店の小物レンタルを利用して賢く節約したいですよね!

安ければいいってもんじゃない!?かわいい振袖を選びたい

着物生地 レンタルでできるだけ安く済ませたいと思うと、どうしても安い振袖を選びがち。結果、柄が少なくて地味な雰囲気になってしまうことも…。 周りはみんな華やかな振袖なのに、自分だけちょっと地味になっちゃったら残念ですよね。 もし、価格を抑えつつもトレンドをしっかり抑えて、小物で豪華に演出したいなら、振袖専門店が一番! 10代の女の子に絶大な人気を誇る振袖専門店ラブリスなら、トレンドの柄、ちょっと個性的な色合いの振袖がトータルコーディネートできちゃいます☆ また、小物を違うものに変更したり、小物類だけレンタルしたりすることもできるから、組み合わせも無限大! お金を節約しつつ、かわいくて今っぽい振袖を選びたいならラブリスが断然おすすめ!♡ どんな振袖があるかは、「振袖一覧」をのぞいてみてね☆

トレンドを抑えたお得な振袖専門店をチョイス♡

成人式で振袖を着たいけど、お金がない!という子も、レンタルやママ振などを活用することでお金を抑えつつおしゃれな振袖コーデが叶います♪ 一生に一度の成人式だから、トレンド抑えたお得な振袖を選んで、パーッと華やかに楽しみましょう☆