2019年6月28日

先輩が教えるっ!成人式での失敗あるある4選☆

先輩が教えるっ!成人式での失敗あるある4選☆

ここでは、成人式でよくある失敗例を参考に、その対処法について詳しく解説していきます☆

成人式が終わった先輩たちのなかには、出席せずに心残りになった・ハメを外しすぎたなどの理由で、「失敗した」と感じている人もいます。後悔しないためにも、成人式でよくある4つの失敗と、その対処法を知っておきましょう!

1. 友達のSNSを見て出席しなかったことを後悔した

成人式に出席せずに後悔したという先輩は、実は多いです。成人式は一生の思い出になるので、できるだけ出席することをおすすめします。

たとえば、成人式に行かなかった先輩たちのなかには、友達のSNSにアップされた写真を見て、行かなかったことを初めて後悔した人もいます。「みんな盛り上がってて楽しそうだった」「振袖姿がキレイだった」「彼氏ができた子もいた」と知ると、やっぱり出席した子を羨ましく思ってしまうようです。

成人式へ行って思い出を作れば、毎年巡ってくる成人の日に「あの日は楽しかったなぁ」と振り返れますよ☆

2. ハメを外しすぎて成人式が黒歴史になった

ハメを外す人たち

ハメを外しすぎて、成人式が黒歴史になった方も多数。節度を持って楽しむことを心がけましょう☆

たとえば、みんなよりも目立てるようにと何色も使って髪をレインボーカラーにした先輩は、あとで写真を見返したら「やりすぎ感」がすごくて後悔してしまい、写真を見るのも嫌になってしまったようです。

成人式では見た目を派手にする方が多いのですが、行き過ぎると将来的に後悔する可能性があるので要注意!

ほかに、お酒で失敗をしたという先輩も。式典後のパーティーで飲み過ぎて体調が悪くなり、お友達にも迷惑をかけてしまったようです。

新成人はお酒を飲み慣れていないので、「気持ちよく飲める」酒量がわかっていないもの。アルコールを飲む際には注意が必要!

また、もう未成年ではないので責任も生まれます。成人になったからといってハメを外しすぎないようにしましょう。

3. 朝ご飯を抜いて体調を崩した

朝ご飯を食べずに成人式へ参加した結果、体調を崩してしまったという先輩も多くいます。当日は、カバンに飴やグミなどのお菓子を入れておくといいでしょう☆

成人式の日は朝早くから着付けやメイクを行い、移動や数時間に及ぶ式典などもあってハードスケジュールです。ご飯を食べてエネルギーをチャージすれば、空腹に悩まされることなく晴れの日を過ごせます♡

ただし、水分が多い食べ物や油分がある食べ物は、こぼすと振袖にシミをつくるので注意が必要です。食べるときにひざや胸元に大きめのハンカチをかければ、振袖を飲食物からガードできます♪

4. 振袖が自分の好みじゃなかった

落ち込む女性

自分が気に入った振袖を着られずに後悔したというケースも、非常に多く見受けられます。

たとえば、振袖をすぐに購入せず成人式近くになって探そうと思ったら、目を付けていた振袖が売り切れていて、全然気分の上がらない振袖を着ることになってしまった先輩もいます。

一生に一度のハタチ&成人式で着る振袖は写真に残ります。思い出を振り返りたくなるように、振袖は自分の納得がいくように選ぶことが大切です◎

ほかにも、自分で振袖を選ばなかったことが心残りという先輩もいます。

たとえば、親戚のお古の振袖を借りることになったものの、時代遅れな柄の振袖で、会場で浮いてしまったというケースもあります。

実際にお店へ足を運べば自分の目で確認できますし、お気に入りの柄やデザインも好きに選べます☆

振袖専門店なら、品質のよい振袖を揃えていますし、クオリティの割に高すぎない価格設定になっているところもありおすすめです♪

また、クラシック系から「オシャレかわいい」今ドキの振袖など種類も豊富なので、好みに合う1枚を見つけられます♡

失敗例を参考に後悔しない成人式を送りましょう!

先輩たちの失敗例を参考に、後悔しない成人式を迎えましょう☆

成人式では、出席せずに後悔・ハメの外しすぎ・朝ご飯を抜いて体調を崩す・振袖が自分の好みでなかった、という失敗をしがちです。式へ出席したり慎重に行動したりすれば、後悔せずに済むでしょう。また、朝ご飯を食べる・好みの振袖を見つけることも大切です。

一生に一度のハタチ&成人式で着る振袖は写真に残ります。思い出を振り返りたくなるように、納得いく振袖を選びましょう♡