2019年9月3日

結婚式ゲストの振袖の選び方?押さえておきたい2つのポイント

結婚式ゲストの振袖の選び方?押さえておきたい2つのポイント

華やかでハッピーな雰囲気に包まれる結婚式。ゲストに呼ばれた際には、その場にふさわしい華やか衣装を選びたい!

華やかでありながら上品な印象に見える振袖は、結婚式に参加する衣装にぴったりです!結婚式にゲストとして参加する際には、着こなしのマナーについて知っておくことも大切。今回は、結婚式に参加する際に知っておきたい振袖の選び方と着こなしポイントについてご紹介します♪

結婚式ゲストにふさわしい振袖の選び方を解説

ユリの花

結婚式にゲストとして参加する際には、ベーシックな「花柄」や、「モダン柄」「レトロ柄」などがおすすめです♪

まず、花柄の振袖は着用する人を華やかに、そして上品に見せてくれます。花柄は、すみれ、牡丹などの和テイストな花柄以外にも、バラやユリの花のように洋柄の振袖もありますよ!結婚式の雰囲気に合わせて、自分に似合う花柄を選びましょう♪

モダン柄はよりシックに大人っぽく見せたいという人におすすめです☆

落ち着いた色合いや柄は、振袖を着用する女性をスマートに見せてくれます。結婚式にモダン柄の振袖を着ていく際には、アクセサリーを華やかにすることがポイント。モダンな色柄の振袖を選び、着用するアクセサリーを控えめにすると、地味に見えちゃうこともあるので注意しましょう…!

レトロ柄の振袖は、着用する人をおしゃれで個性的な雰囲気に見せてくれます。装いが人と被りたくない人は、レトロ柄の振袖で決まり☆合わせるアクセサリーの素材をレザーにしてみるなど、和洋折衷なコーディネートに挑戦してみるのもおすすめです♪

結婚式ゲストとして振袖を着用するときの2つのポイント

振袖の女性

結婚式に参加する際に振袖を着用する場合、気をつけるべき点は2つあります。

1つ目のポイントは、着用するアクセサリーに気を付けること!振袖を結婚式に着用する場合、身に着けてよいとされるアクセサリーは基本的にヘアアクセサリーや帯飾りに限られます。結婚式が行われる場所やテイストにもよりますが、イヤリングやピアスなどのアクセサリーを身に着けることは控えた方がよいでしょう。

また、結婚式に着用する振袖は「赤や白、花嫁が着用する衣装と同じ色を避けること」が大切。結婚式の主役はあくまで新郎新婦であるため、過度に目立つ装いで式に参加するのはNGです。

それでも、花嫁と衣装の色が被ってしまう場合もあるため、あらかじめ花嫁の衣装の色を確認しておくのがおすすめです☆

ヘアスタイルも派手な盛り髪などを避けましょう。結婚式の場にそぐわないヘアスタイルは、マナー違反になってしまいます…。シンプルなヘアスタイルに、華やかなヘアアクセサリーを着けるのが◎振袖の柄と同系色のアイテムを選ぶと、スタイルに統一感が出やすいですよ。

結婚式に着用したい!ラブリスの振袖

ここからは、結婚式にぴったりの振袖をご紹介☆

花柄の振袖を着用したい人におすすめなのが、ピンク地にたくさんの花があしらわれたロマンティックな振袖♪ 着るだけで一気にかわいらしい雰囲気に仕上がります。洋花の柄が、ドレッシーなので結婚式の場にぴったりです。

ピンクの振袖

「モダンで大人っぽく、でもおしゃれな雰囲気にもしたい」という人におすすめなのが、大胆なパープルのストライプが目を引くおしゃれな振袖を!シンプルな柄でありながらインパクト大な振袖は、華やかでありながら上品な印象にも映ります。人と被らない振袖を着用したいという人のおすすめです☆

振袖 紫 SE-018

「少しレトロで個性的な雰囲気の振袖を着たい!」という人は、ブルーとレッドの幾何学柄ポイントの振袖がおすすめです。現代的な柄と色使いが斬新で、見る人の心を鷲掴みにすること間違いなし♪ 大人っぽい柄なので、結婚式の場でも着用できおしゃれに決まります☆

赤と水色の振袖

結婚式のお呼ばれスタイルは華やかな振袖で決まり!

振袖は着るだけで華やかな雰囲気になり、上品なスタイルに仕上げてくれる魔法のアイテムです。着用すると気持ちも引き締まり、所作までおしとやかになりますよ。結婚式で振袖を着用する際には、色選びやアクセサリー使いに注意をすることが大切です。新郎新婦への配慮を忘れないことが大人のマナー!

自分に似合う1着を見つけ、新郎新婦にとっての最高の1日を一緒にお祝いしましょう。