2019年10月31日

20歳までにやりたいことは全部やっちゃおう♪絶対外せない3つ♡

20歳までにやりたいことは全部やっちゃおう♪絶対外せない3つ♡

成人式を先に控えて青春真っ盛りにいるあなたへ…、20歳になる前にやり残したことはありませんか?人生は1度きりだから、今この瞬間を大切にしなきゃ絶対に損!今回は、20歳までに絶対にやっておきたい3つのことについて紹介しちゃいます☆

1. 青春を共有できる優しい彼氏を作る

恋人同士

青春と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、楽しい時間を一緒に作り共有できる恋人の存在です♡信頼できる大好きな彼氏と青春時代を過ごすなんて、この時期にしかできないことでしょう!でも、彼氏だからといって誰が相手でもいいわけじゃありません…。特に20歳を前にした男子のなかには、とーってもやんちゃな人だっているんです。あなたの身近にも思い当たる人がいるかも…?

青春時代を楽しく共有するためには、優しい彼氏と思いを通わせることを大切にしましょう。人によって「優しい」の基準は違うかもしれないけれど、以下の点には注意してみてくださいね♪

  • 気分の変化によって態度が荒れたりしない
  • 接する相手によって極端に態度を変えない
  • 恋人の家族に対しても気遣ってくれる

気分や接する相手によって態度が変わってしまうのは、お子様な証です…!そんな彼氏に振り回されるのは、あなたの時間がもったいないので避けましょう。また、あなたの家族に対しても気遣う心を見せてくれるかどうかも重要なポイントです☆家族に対しても気遣える心を持っている人は、あなたのことを本当に大切に思っていると考えられます♡

優しい彼氏がいるかどうかで青春時代の過ごし方は大きく変わります!また、優しい彼氏がいれば、成人式も安心して参加できるかもしれません♪

2. 少し背伸びした気分になれるかも?自分名義の預金口座を作る

20歳を近くにすると、友達と遊びに行くためや勉強のためにお金が欲しくなり、初めてアルバイトに挑戦してみることもあるでしょう☆ほかにも、お小遣いやお年玉など、自分のお金を安心して預けておける場所があるにこしたことはありません!そこで、20歳になる前に、自分名義の預金口座を作っておきましょう♪忙しいあなたも、時間をみつけて金融機関へGO!

未成年で預金口座を作るためには、親権者と2人で銀行に行く必要があります!そのほかにも、健康保険や住民票の写しといった身分を証明する書類が必要なので、両親と相談してみましょう。自分用の預金口座を作り、そこにアルバイトで稼いだ自分のお金を預けていけば、大人の仲間入りを少し実感できるかもしれません♡

自分で働いてお金を稼ぐようになれば、働くことの大変さもわかることでしょう。ご両親に改めて感謝する気持ちを持って、お金を大切に貯金しよう♪

3. 大切な晴れ舞台に向けて成人式の振袖を決める

カタログから選ぶ

20歳になって必ず訪れるイベントが成人式です☆一生に一度しかない記念すべき晴れ舞台の主役はあなた自身です!素敵な思い出にするためにも、振袖は早めに用意して参加しよう♪

成人式に、あなたにぴったりな振袖を着て参加すれば、とっても素敵な1日になること間違いありません。振袖は成人式の前日や当日ではなく、もっと事前に選んで用意するものです。振袖を決定するのは、一般的に1年年から2年前ですが、なかには3年前に決める人もいます。2年前にはカタログチェックを始めると良いですよ☆

半年前でも間に合いますがギリギリ…、3ヶ月前では間に合うかどうか!?といったラインです。スーツで出ようとしていたけれど、直前になってやっぱり振袖を着たい!と思うこともあるかも…。半年前や3ヶ月前には、自分の翌年に成人式を迎える女の子たちが振袖を選びに来ています。着られる振袖が残っているかどうかも心配なところです。大切な晴れ舞台だからこそ、あなたが一番輝ける振袖を着ることをおすすめします♪

20歳まであなたを愛し育ててくれたご両親に感謝の気持ちを伝えよう

20歳まであなたが元気に育ってこられたのは、身の回りで支えてくれる友達や学校の先生、そして何よりあなたのご両親のおかげでしょう。成人式前は、そんな大切なご両親に成長したあなたを見せて感謝を伝えるのにバッチリので機会です♡大人になってしまうと、なかなかご両親に改まって感謝の気持ちを伝える機会もなくなってしまうもの…。一緒に過ごせる今を大切にし、感謝の気持ちを伝えていこう!

信頼できる優しい恋人を作ることも大切ですが、自分用の預金口座に自分で働いて稼いだお金を貯めて、ご両親への恩返しにプレゼントを用意するのもおすすめです☆そして、成人式では慎重に選んだ振袖を着て、あなたの成長した姿を見てもらいましょう♪